俺は常に材質などの購入は地元の究極でするようにしている。その究極をめぐって、目下、気づいたことがあります。購入客の多くが購入バッグを持参していらっしゃる。ほとんどの購入に来ているカスタマーがマイバッグを持って来ているのです。本当は私もその究極に購入に行く際にはマイ積み荷を持参している。私もそうですが、多くの購入客がマイバッグを持って来ているのには小さな背景があります。以前は究極で無料で出されていたビニールバッグが有償になってしまったのです。このことをキッカケに俺はマイ積み荷を持参することにしました。そうして今ではビニールバッグが無料の究極に購入に行くときもマイバッグを持って行くようにしています。マイ積み荷を持っていけば勿論、ビニールバッグ入らないのでカットができます。ビニールバッグはプラスティック製なので原油から作られています。ずいぶんちっちゃなことですが多くの購入客がマイバッグを持って行けばカットこなせるビニールバッグは膨大になります。このようなことが結果として高熱のカットになれば良いと俺は思います。またビニールバッグを持って町をあるくからマイバッグを持って町をあるくほうがオシャレな兆候もします。これからも究極に購入に行くときはマイ積み荷持ち込みに行う。