最近TVなどでよく紹介されているオーブンエリアがあります。焼く、ゆでる、蒸すという調理の一部が出来るだけでなく、形成の時点まで叶うというものです。無論電子エリアの温め仕掛けも使えます。ボクが見たTVでは、炒飯を作っていました。住まいのオーブンエリアも様々な仕掛けがついているものを2階級ほど前に購入しました。家電量販店で購入したのですが、さすがそんなお店に出向くって店員さんも良い仕掛けのものを進めてしまうし、みなさんたちも便利で様々な仕掛けが付いているものが宜しいなぁとして仕舞うのでした。ですが、本当に最良取り扱うのは電子エリアの温め仕掛けで、いかほど様々な仕掛けがあると言っても道楽のケーキ研究の時くらいしかその仕掛けは使用していませんでした。いくらスムーズとはいえ、なんとかその仕掛けを使う時折説明書を読み、その通りに調理を進めなければなりません。思わずフライパンや鍋で煮たり焼いたり講じるいつもの調理の方式をしてしまうのです。但し、坊やが生まれてからこういう仕掛けをだんだん使うようになってきました。坊やがつまらないうちは、かなり食事に時間をかける事は出来ません。最も時短でいち早く食事をしないといけません。たとえば魚を焼くだけのことでも、魚焼きグリルで魚を焼くと、グリルを洗わなければなりません。フライパンと鍋を使う食事なら、それらを洗わなければなりません。坊やがいない時折何てタイミングのなかった作業なのですが、それすらカットしたくなったときにこういうオーブンエリアのこたを思い出しました。手順を探し出し開くと、魚も焼き上げるし、お弁当の副食も一気に何製品も作れます。なかなか下準備の時間はかかりますが、そのあとはオーブンエリアに入れて待つだけです。なにより洗い物が鎮まるほうがこういう仕掛けの一番の魅力だと思います。