ますます、やらなきゃとしていたものの度胸が出ず、引き続き怖くて避けてきた乳癌検診。本日、会社でロゼリボン行為を通じていたため遠退ける事が出来なかった事がきっかけで初めての乳癌検診を受ける件になりました。近年、妊活をしているので子宮頚がんの検診は敢然と受けてきましたが、なぜが乳癌検診は避けていました。自分で、探究もできるのにそれも怖くて出来ずに今までは過ごしてきました。マンモグラフィーはとても痛いって周りの周辺から聞いていたのて、エコーにしました。現役来院のオプションとしてエコーを追加して、初めて検診の日光が来ました。内科検診、胸部レントゲン、採血、状態、視力、身長、ウェイト、ずっとこなして最後にエコーでした。検診の後は身の回りと食事の保証を通していたので、今日は何を食べようかなぁ…という、のんきな事を考えながら呼ばれるのを待ち受けました。いよいよ呼ばれて、胸に人懐っこいジェルをたこ焼きの上にマヨネーズを、張り付けるような感じでかけられてからエコーが始まりました。生理だったので、頭がやけに張っていておんなじゾーンをグリグリされるととても痛かっただ。そうして、一部分集中してグリグリをチェックしているところがあり、調もピピっとなっていたのでモニターをみたら何か丸っこいものが映っていました。何かあるんですか?という、聞いたら、ちょこっとね…といった、わけ深に言われました。診断が終わってから絶えずググッたり身の回りに聞いたり、怖くて怖くてたまりませんでした。たまたま、嚢胞でした。本日何とか受けましたが、これからは平年敢然と受けようと思います。必ずや要所だと痛感しました。