30歳すぎるって、お肌が荒れお化粧の雲行きも酷い。体調が疲れやすくなってきました。休暇は立ち寄る。それが良識だったのに、目下家から出るのが億劫になってきていました。勤めだけに暮し費やして仕舞うのかもしれない無念ってでも良いと僕を承認させて要る折衷の自分がいました。睡眠も浅い睡眠のインサイド、目覚ましから朝を話しられ、勤めへ行くアレンジを進めている。そうして出勤して時刻カードを押し、退社とともに時刻カードを圧す。あんな四六時中でした。従って食べ物など、出任せの他思い浮かぶ文はなし。ですから便も出ない。吹出物も出てきました。気持ちという件でかけていたのは、既に、このまま敷かれたレールに乗っているだけが容易だったからでもあるでしょう。そうして、20勘定ならとにかく、30勘定で何かを始めるなど、こんなパッションやスタミナの余力はありませんでした。一月前述、友人のバースデイ会に誘われて、わずらわしいとなかば思いながらバースデイだから断れず参加しました。身近が連れて行ってくれたところは、恵比寿でした。恵比寿ターミナルから歩いて10パイほどだったと思います。生誕会の現場は「WE ARE THE FARM]有機だけで作られた素材で、野菜本体の風味を、そのままの形で提供してくれました。野菜がこんなにも旨いという味わったのは久し振りだ。もしかして、やっととも言えるほど、感動しました。ケールやトマト本体の品質を活かした夕食も美味しかったのですが、お水に完敗。何処産のお水と言われている海中も絶品です。善悪、女会で位置をお探しのパーソン「 WE ARE THE FARM」へ行ってみて下さい。この日から、我々は有機にはまってマイホームの畑で、自家生産を始めました。財貨のために仕事をするのではなく、想いのリソースを体の中に組みこむために、仕事をしている。毎朝、朝4段階30パイから畑へ赴き、草むしりや葉っぱについた虫たちを手でとる無農薬野菜を作りが待っています。有機は公明正大だ。手法を抜けば御法度になります。ですから、今日も時計無しも目が覚めてしまう。そこで待っている野菜たちから想いをもらえるからだ。