本日は美肌に生まれ変われる、洗顔について材料をさせて頂きます。さて個々人。洗顔の時、お湯の気温って意識していますか?お風呂に入るときにお顔もシャワーで洗ってるよ!ですなんてお客様、もう一度ね用語両断だ。今日から間もなく辞めて下さい。お肌が傷んでしまう。お顔を洗うときは32?34たびのぬるま湯で!些か刺々しいなあ?と感じるほどが本当はベストなんです?40たびとか熱いお湯だとお肌のうるおいまで奪うので、洗浄のぼりお肌がひきつる!なんてことになりかねません。また、髪の生え際や顎は洗い残しやすすぎ記しの多い置き場ななで、こちらも丁寧に洗顔してあげてくださいね。何で適切な洗顔がライフかと申し上げますという、適切な洗顔をし、毎日のお肌の不衛生をきちんとリセットしてあげるためその後のメーク水の浸透率や作用の素振りに大きく違いが出てきます。どんなに厳しいベースコスメでケアしてもお肌に不衛生が残った状態では実力を発揮できないだけではなく、残る不衛生がお肌のジャンクを導く可能性があるので気を付けて頂ければと思います。また洗顔の際はなるべく素肌はこすらず。ごしごし洗い流したい気持ちは分かりますが、そこは辛抱。フワフワにあわ立てた泡をお肌の上で薙ぎ倒すイメージで手厚く洗顔してあげてくださいね。また化粧がない日はダブル洗顔不要の掃除だけで留めておくほうが、お肌に余分な負担がかからないので個人的にはオススメします。最後に、毛孔が気になるお客様はぬるま湯でじっくりすすいだ引き返し、冷水できゅっと引き締めて譲るといったゆっくり毛孔が目立たなくなります。善悪一度お試しください。