津々浦々トリップの中でも、沖縄は年代を問わず不動の人気を誇る名勝だ。そうして別に奥様にとっては、一緒に出向くお客様がおんなじ婦人であってももしくは彼であっても、トリップの戦術に意欲を上げてしまうのが沖縄トリップだ。その沖縄トリップで、大抵のツーリストが訪れる名勝と言えば、何といっても美ら海水族館や首ふる里城、そしてインターナショナルコース、などでしょう。ですが、こういう名勝はウィークデー休み問わず自分で蔓延り、落ち着かない、そして疲労が溜まって仕舞うのも事実です。そこで後押しなのが、沖縄と言えば綺麗な海、っていう狙いをかなぐり捨て、内陸部を散策して見ることです。中でもおすすめなのは、本島中南部における外人わが家街路だ。ここでは、昔ながらのアメリカの調、表通りが残ってあり、そこをあるくだけで異国内面が映る場所になっています。餌や地域のニュースの標識など、古くさくもどっか新鮮な臭気のやる街並みだ。そこには、従前使われていたわが家をリフォームして作られた、商品屋や喫茶店、食堂にベーカリーなど、マジおしゃれなお店が立ち並びます。ここに来ると、メジャーな名勝とは違い、ゆっくりと沖縄のムードを味わうことができます。なので、名勝周りにちょっと疲労を感じた時折、こういった名勝に立ち寄ってみるのがおすすめです。