早朝、正午のお弁当を作りつつ、洗濯やクリーナーかけたりとあわただしいインナー、大人の妻として化粧は入り用。すっぴんで出社するわけにも行かないので、お忙しいインナーも化粧をするのですが、不器用なのか自身は何より眉毛を描くのに時間がかかります…。おや、厚くない?表現対称じゃなくない?など、綿棒で余分な業者を消して書き足しての繰り返しをしていると刻々と暇が経過してしまう。とりわけ元の眉毛が細い結果、自然にのぞかせるために、ペンシルといったパウダーとしてます。より楽な方法ないかなといった、インターネットでリサーチをしたところ、眉ティント”という単語が…!ティントリップは知っていました、自分の唇の水分や気温で色合いが変わるリップで私も愛用してある。ですが、眉って?と思いながら、一層調べていくといった、初めて塗って長時間放置して剥がすだけで、洗顔しても数日落ちない眉!とあり、自身が探していたのはビビッーっ!やいなや薬局へ。購入したのは「Fujiko Mayu Tint 」は、小さめのマスカラボリュームで、中にはドロっとした茶色い液体が入っていて、キャップ側には筆というハケがついてます。細めなので、塗りやすそうです!もでも、失敗したら?と不安だったので、軒並みなぜいるのかな?って調べたらはみ出してすぐなら綿棒でもらえる。とのことだったので、綿棒を用意して、化粧を落とし、塗ってみました。いわば笑っちゃう、劇画のごとくしっかりした眉に大爆笑!寝る前に塗って早朝剥がすほうが長持ちするとのことだったので、眉毛の見解が手強い状態で寝ました。翌朝、ぺりぺりとはがれるので、とってみると、眉毛がある!って感動しました。上からパウダーをのせたら、どんどん自然になり短時間で眉化粧がおしまい!今まで眉を見つめ格闘していた時間はなんだったのかしらと思えるほどだ!早朝の時短に”眉ティント”おすすめです!”