春になると、アメイジングで腹一杯出回るイチゴ。赤くてかわいくて、ビタミン?の金脈。女性には、汚れ、そばかすの防御効果も期待できる旨い果実だ。2017年代3月収今47品目というイチゴが登録されているそうです。とよのか、婦人峰などが昔からとことん出回っていましたが、昨今よく見るイチゴをいくつかご紹介したいと思います。とちおとめは、栃木県内産で関東の殆ど品目。全国的にもひときわ粗方作られています。ケーキ酸味のプロポーションが可愛く、果汁も十分な美味しいイチゴだ。あきひめ(章姫)は、静岡県内産で、果物はやや大きく細い円錐特徴。果肉は柔らかく、酸味が少ないのであま味が激しく感じられます。特徴がきれいなので、甘味などのトッピングに向いています。福岡産のあまおうは、日本一の品目をめざして作られ、果物が広く、特徴がきれいで、赤くて輝きが素晴らしく糖度が高い気分を持っています。「あ」かくて、「ま」るい、「お」置きい、「う」まいの頭文字をとってあまおうと名づけられました。変わり種では、白いイチゴ。白いとは言っても淡橙色(あわい桃色)だ。鹿児島県内で増進された「さがほのか」の変異ボディーだそうで、2013年代に登録された真新しい品目だ。福岡で一心に栽培されています。こういう他、紅ほっぺ、さくらももいちごなど可愛らしい呼び名の物もたくさんあります。美容にも素晴らしく、うまいイチゴ。色んな数々を食べ調べるのもおかしいですね。