週末の午前テレビをつけたら、お笑い・森三内の大島さんが、自身の婚礼の突破口に関して話していました。大島さん、先方の鈴木おさむくんって「交流0太陽」での婚礼で有名ですが、鈴木さんのポイント本当に「嫌いじゃないけど好きでもないお客」だったみたい。婚礼ってそのぐらいの気持ちのほうがうまくいくのかもねー、なんて姉(姉も私も結婚していらっしゃる)って話していたら、「昔は、近隣がユーザーを見つけてきて会ったこともないお客とかといった結婚していたんだ物質ね。『生理的に受付けない』とかならとりわけ、『色恋として嫌いじゃない、人間としてなら好み』なら全然OKだよね。今のほうが恋婚礼が多いけど、収支別れも増えているもんね」って。彼女が客席について向かい合って陣取る関わりだとしたら、夫婦って客席の横に陣取る関わりです。前に腰掛けるのはちびっこだったりお互いの親だったりセミナーのドクターだったりご近所のお客だったり…お互いのきずながなければ横にとどまるのは耐え難い。堀北真希さんと山本耕史さんも交流期間がないと聞きましたが、こういう両人も、一緒に仕事したタイミングの中で(一際堀北さんが)「ユーザーに関する心頼み」があったからこそうまくいっているのかなあと思いました。