今まで決して結婚式に対して意識したことはありませんでした。結婚式がイコールママの運という想像がからきし無かったというのが原因です。幸いなことに、大人になってからも「早く結婚式しなさい」などと親や親せきからのストレスがなかった結果、いまいち結婚式に関して意識することなく過ごしてきました。ただ、だからといって結婚式にすごい不愉快想像があったわけではなく、わずか関心がある話ではなかったというだけだったのです。それでも30フィーも近づいてくるという「結婚するなら最近が適齢期かな?」と考えることも増えてきました。だからといって必ず相手を見つけて結婚するのも変ではないかと感じたので、結婚するときは自然に割り当てるのがいいのかなとしていらっしゃる。結婚式とめるという領域も当然あるのかなと言うことも、共にまた感じています。俺は結婚式というのは、生活共々過ごして行くユーザーとクラブという関連を作り上げる実態かなと考えています。結婚式に運を見て取れるユーザーというのは、そういった関連を相手といった楽しめることが重要かなとも感じました。当然一緒に過ごしたいと思えるユーザーがいなければ、結婚式をしないという流れになるのが野放しだと思うので、結婚式のときは流れに任せたいなと思っています。