太陽光、無我夢中光やPCなどに含まれている「ブルー光」という文句を聞いたことはありませんか?その中でも、「ブルー光」の解決高が特に多いとされているスマフォに注意する必要があります。瞳の疲弊や寝不足がちが気になる個人は、「ブルー光」が発端かもしれません。「ブルー光」が私たちの瞳だけではなく、ボディにも悪影響を及ぼす前に、戦略ください。PCやスマフォによっているときは、強い時間を持っている「ブルー光」を見続けていることになります。 その結果、眼球にダメージを与えてしまうため「瞳が痛い、くたびれる」という変調が現れます。お婆さんがかかりやすいとして要る「退化黄斑変性症」が子供に発症する可能性もあります。もう一度、「ブルー光」を長期間受けるといった、眠気を誘うホルモンのメラトニンが分泌されにくくなり、体内時計が狂ってしまい、不眠やうつ病などを発症する可能性もあります。ブルーライトカットフィルムやメガネの活用に加え、スマフォの「ブルー光」をカットする気分やアプリケーションによるって、瞳への負担を削減することができます。瞳の疲弊など、気になる変調があるときは早めの診療をすると共に、スマフォの活用を制限するなど、変調を悪化させない奮闘をください。